魚津城の城下町。米騒動の舞台となった米倉や大町海岸公園があります。

魚津城の城下町で歴史文化や美しい海岸などの豊かな自然が受け継がれています。1582(天正10)年の織田軍と上杉軍との魚津城の戦いは、本能寺の変(織田信長の死)とかかわりが深く、魚津城(上杉軍)があと数日持ちこたえることができれば落城しなかったと言われています。魚津城址には上杉謙信公お手植えの松と言われる「常磐の松」があります。また、時の内閣を総辞職に追い込んだ1918(大正7)年の米騒動の発祥の地であり、米倉に隣接する大町海岸公園には、米騒動のモニュメントも設置されています。

大町画像
他の地域を見る
お電話の場合は魚津市役所 定住応援室
TEL 0765-23-1095
ページトップ